ユーザビリティの高い検索結果で売上アップ

こんなことに困っていませんか?

こんなことに困っていませんか?
離脱してしまう

ECサイトのコンバージョンの大半は検索結果画面から生まれます。そのため、検索結果の質や表示される商品一覧の並び順は、売上を左右する重要な役割を持っています。売れ筋商品が検索結果の上位に表示されなかったり、サイト内検索の結果が0件と表示されてしまうことは非常に大きな機会損失です。

sui-seiで解決

重みづけで表示順位を意図的に操作

sui-seiの重みづけ機能を利用すれば、検索結果の表示順位を意図的に操作できます。

妥当性をアップ

食品・衣料・生活用品・・・と特に様々な商品を扱う総合ECサイトでは、サイト内のフリーワード検索で単純に文字列の一致で検索してしまうと、訪問者が洋服のコートを買いたくて「コート」と検索しても、洋服のコートだけでなく「コート」という文字列を含んだ、サイト訪問者の意としない商品が検索結果画面の上位に表示されしまうことがありました。

sui-seiの重みづけ機能であれば、検索キーワードに対する妥当性や重要度をポイント化することにより、ヒット率がアップ。
サイト訪問者が欲しかった商品情報を上位に表示することが可能です。

サイト訪問者ごとに最適にソート

応用例として、サイト訪問者の属性(性別、年代など)をEC基幹システムからsui-seiに参照させると、サイト訪問者の属性にあう、パーソナライズ化に近い検索結果を表示することも可能です。
sui-seiが直接会員情報などの個人情報を保持することはありませんので、セキュリティの心配をすることなくユーザビリティを向上できます。

サイト内検索で検索された商品は、結果画面の上位に表示されるほどサイト訪問者の目に留まる可能性が高く、検索結果の表示順位と売上は密接な関係にあります。 sui-seiでは、検索結果の順位を“意図的に”操作することができます。

  • 売れ筋商品なので、もっと売上を伸ばしたい
  • 在庫を売り切ってしまいたい
  • 今月の一押し商品なので、目立たせたい

この様に、“ECサイト運営側の意思”を反映させることができるので、売上拡大のチャンスを活かしたり、機会損失を防ぐことに役立ちます。

検索結果0件を防止

検索結果0件を防止

検索リクエストに該当する商品がたとえ0件であっても、独自の共起語辞書(そのキーワードとよく一緒に使われる関連語)でカバーし、sui-seiがサイト訪問者の興味・関心に近い関連商品をご紹介します。検索リクエストへの期待に応えるとともに、関連商品の露出が増えることで、満足度・コンバージョン率のアップがのぞめます。

  • 売上アップへ戻る
  • 機能一覧
サービスに関するお問い合わせ
  • お問い合わせ
  • 資料ダウンロード
  • サイト無料診断
  • 協業・代理店のご検討はこちら

ページトップ