サイト内検索最適化サービス「sui-sei」 サイト内検索
最適化サービス

0120-984-8430120-984-843

お電話でのお問合せ受付時間/10:00~18:00(土・日・祝除く)

サービスに関するお問い合わせ

0120-966-535

  1. TOP
  2. ニュース・サイト内検索コラム
  3. ECサイトで必須!サイト内検索「サジェスト機能」の効果

ECサイトで必須!サイト内検索「サジェスト機能」の効果

今回は、サイト内のユーザビリティを向上させる「サジェスト機能」について、その基礎知識と効果についてご紹介します。

サジェスト機能とは?

サジェスト(suggest)とは、「提案する」という意味です。

例えば、GoogleやYahoo、Bingなどの検索エンジンで検索する際、検索ボックスにキーワードを入力すると、そのキーワードに関連する候補がいくつか検索ボックスの下に表示されるのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

例えば、検索ボックスに「麦」と入力すると、その下に「麦茶」「麦焼酎」……
といった具合に複数の「麦」に続くワードの候補が表示されます。

さらに「麦わら帽子」と入力すると、その下に「麦わら帽子 メンズ」「麦わら帽子 農作業」…とまた別の2語目の候補が表示されるでしょう。

これは、検索エンジン側でユーザーがキーワードに続いて入力するであろう意図を汲み取り、「貴方が調べようとしていることは〇〇ではありませんか?」と自動的に提案しているためです。

このサジェスト機能は、近年ECサイトや情報系サイトなどのサイト内で使われるキーワード検索にも取り入れられています。

サジェスト機能のメリット

サイト内にサジェスト機能を設置するメリットは、主に次の3つです。

ユーザーの入力の手間を省く

一番のメリットは、ユーザーの入力の手間を省くことです。ほんの少しの操作でサジェスト機能の入力候補に自分が探したいものがあれば、圧倒的に早く探すことができます。実際にsui-seiが提供しているサジェストサービスのデータでは、商材にもよりますが平均1~2文字の入力で、サジェストしたキーワード候補がタップされています。これはサジェスト機能を使わなかった場合に平均4~6文字の入力があることと比べると、入力の手間を約半分にできています。

曖昧なキーワードでも補完できる

検索したユーザーがキーワードをうろ覚えだったり、ブランド名のスペルを誤って覚えていたりした場合でも、サジェスト機能で補完して正しい検索結果にたどり着けるケースも多々あります。これは例えば誤ったスペルで検索されて「0件ヒット」、いわゆる検索結果が0件になり離脱される、というようなことを防ぐ効果にもつながります。

より適したページに誘導できる

検索しようとしたキーワードを、サジェスト機能でより適したワードを促し、誘導できることもあります。例えばYシャツを検索しようとして「シャツ」と入力した場合に、「Yシャツ」などより欲しいキーワードが表示されれば、ピンポイントな結果に早くたどり着けることがあります。

良いサジェスト機能の条件とは

どのようなサジェスト機能が良いと言えるのでしょうか?
ここでは3つポイントをあげてお伝えします。

表示が早い

サジェストが表示されるまでに時間がかかっていては、ユーザーにもたついた印象を与えてしまい、便利どころか邪魔に感じてしまう可能性があります。キーワードの入力スピードに対して、かぎりなくリアルタイムにサジェストが表示される必要があります。

ユーザーの検索意図を汲み取る

ユーザーが探したい情報・欲しい情報にすばやく辿り着けるためのサジェスト機能です。サジェストの内容がユーザーの検索意図にマッチしていなければ、意味がありません。サジェストするキーワードの選定や表示順が、多くのユーザーの検索意図に適合していることが重要です。

必ず検索ヒットするキーワードをサジェストする

サジェストされたキーワードを選択して検索しても検索結果が0件になってしまっては、意味がありません。むしろ0件であることで欲しいものがそのサイトにはないと判断され、離脱されてしまう危険もあります。検索結果0件のサジェストは表示しない、もしくは検索結果の件数を表示するなどの工夫が必要でしょう。

ECサイトにおけるサジェスト機能の効果

ECサイトにおけるサジェスト機能は、ユーザーが商品を購入する際の導線づくりに大変効果的です。ECサイトでキーワード検索するユーザーは欲しいもの・必要としているものが明確で購入率の高いことが報告されています。そこで、キーワード検索を利用し購入の期待できるユーザーにとって、サジェストを提供してすばやく欲しいものを見つけられるように検索の利便性を高めることが重要だからです。

また、商品点数が非常に多いECサイトでは、例えば発売から少々時間の経ってしまった場合など、商品が埋もれてしまわないために導入を検討される企業様からのご相談も多く、露出しきれていない商品でも、求めるユーザーにはピンポイントにサジェストできることも大きなメリットです。

入力したキーワードやサジェスト機能でタップされたキーワードのログによって、今ユーザーに求められているものや、コンテンツ改善や新しい企画のヒントが得られる場合もあります。

まとめ

今回は、サイト内検索のサジェスト機能のメリットやECサイトでの効果についてご紹介しました。

ECサイトにおけるサジェスト機能は、利便性を高め、コンバージョン率を高める上で非常に効果的です。sui-seiでは、このようにサジェスト機能や検索ログを提供し、ECサイトを支援しています。

sui-seiでは、サジェストの導入・活用のご相談を承っています。ぜひお気軽にご相談ください。

画像付きサジェスト「リッチサジェスト」はこちら